2008年6月定例勉強会

日時: 2008年06月21日(土曜日)13:30〜15:30

内容: 「医療現場へのコーチング活用」
      〜脳卒中患者と家族のQOL(*)をあげる研究報告より〜
       (*QOL=クオリティ・オブ・ライフ)
リーディング: JCA東北チャプター 医療介護部会

講師コメント:
医療分野でのコーチング活用が浸透してきています。
医療従事者がとるコミュニケーションによって、患者自身が生活習慣を自発的に見直し、取り組むようになり医療費の削減や病気予防を期待できること、病院の若手人材育成効果などあります。

今回は東北大学が中心にコーチングスキルを使った医師チームとそうでないチームの関わりでどう違うのかを研究した結果報告が届きました。

その研究成果報告書を中心にコーチングを医療現場へ用いることの効果や具体的な事例、会話例などの情報交換会です。


posted by JCA東北チャプター事務局 | 2008年度活動
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。