コーチングのプロセス

コーチングは通常、コーチとクライアントとのインタビューによって始まります。目標とすること、取り組む期間、成果の評価の仕方、コーチ費用、約束事等、多岐にわたって様々なことを明確にします。
(この段階は、オリエンテーションとかプレ・コーチングなどと呼ばれることもあります)

その後、週1回の電話または対面によるセッションを行います。1回あたり30分〜1時間という形が多いようです。

セッションがコーチングの主軸となりますが、コーチは様々な形でクライアントをサポートします。
たとえば、クライアントが取り組めるようなチェックリストやワークシートなどを適宜提供します。また、セッションとセッションの合間に取り組む宿題を出す場合もあります。参考資料を提供することもあります。

コーチングを受ける期間は目標によって異なりますが、短期間の場合で3ヶ月、長期にわたる場合は年単位のスパンで取り組むこともあります。

目標の達成をもって、コーチング完了となります。



arrow コーチングについて MENU
 > コーチングとは  > コーチとは  > コーチングを受けるメリット
 > コーチの選び方  > コーチング適性度チェック


  


posted by JCA東北チャプター事務局 | コーチングとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。